interview vol.03

アパートバイローリーズ スタッフ安藤 杏子

アダストリアには、意欲的で、仕事を楽しんでいる人が多いと感じます。

キャリア

2014年4月 ジーナシス スタッフ 埼玉県の店舗に配属。
2014年9月 ジーナシス スタッフ 大阪府の店舗に異動。
2015年9月 アパートバイローリーズ スタッフ 東京都の店舗に異動。

今の仕事内容を教えてください。

店頭での接客が主になります。店長の補佐としての役割もあり、店長不在の日は責任者として、売上の管理やスタッフの教育係なども行っています。そのほか、備品の発注、商品のスタイリングなどでしょうか。今とアルバイトの時代と比べると責任の重さが全然違い、大変なこともありますが接客の楽しさのほうが勝っているので、仕事が嫌だと思ったことはないですね。

仕事をされる上で心がけていることはありますか?

ブランドを代表するスタッフとして、店舗に立っていることを常に意識するようにしています。お客様から着こなしを見られる立場なので、そこは大事にしています。そのためにお休みのときでも、雑誌をチェックしたり、街に出てほかのお店の流行をさりげなく確認したりして、トレンドを把握するようにしています。どうしても仕事目線になってしまうんですが、そもそもお洋服が好きなので、全然苦になりません。

店舗でお客様と接するときは、お店の独自価値、つまり、アパートバイローリーズはこういうブランドなんです、この商品はこんなところにこだわっています、今期のコンセプトはこんなことです……などを伝えるよう意識しています。もちろん、押し付けがましくなく、会話の中でさりげなく。そうすることで、ブランドのファンを増やしていけたらと考えています。

ある1日の流れ

12:00
出勤。メールのチェックや前日の売り上げをチェックし、その日1日の流れも確認します。
13:00
この頃には店舗のスタッフ全員出勤がするので朝礼をします。過去の売上、今日の目標数値などを共有しつつ、この日の目標を定めます。また、そのときの季節や天候を考慮して今日はこういう切り口でお客様と話していこう、というようなことも話します。
14:00
ランチ
15:00
夜のピークタイムが始まる前に諸々の作業をします。具体的には、今日の売上や目標などの進捗を確認したら、店舗を移動する商品の梱包、在庫の整頓、ディスプレイの変更などです。
17:00
この頃までの売り上げを確認し、新しくピークタイムに向けた目標予算を立てます。
18:00
会社勤めの方の帰宅時間は、ピークタイム。平日はいちばん忙しい時間帯です。
20:30
閉店作業
21:00
退店

店舗で働くことの楽しさ、やりがいとは。

総合職入社は、地方異動などもあるので、その土地ならではのお客さまとの出会いがあること。異動するごとにスタッフも変わり、そういったところで人のつながりが広がるのは楽しいですね。

あまり社交的なタイプではないので、最初はとまどいもありました。でも徐々に慣れてたくさんのお客様と顔見知りになれたことで、自分の殻を破れたと思っています。初対面の人にも積極的に話しかけられるようになりました。

それと、お客様が「ありがとう」と言ってくださること。感謝の言葉を直接いただけることって販売ならではのやりがいではないでしょうか。「またそんな風に言っていただけるように頑張ろう」という活力になります。

前職でも販売を経験されていますが、そちらと比べてアダストリアのよさとは何ですか。

アダストリアには、意欲的で、仕事を楽しんでいる人が多いと感じます。

実は、前職の就職前にもこちらでアルバイトをしていたんですが、そのときにとても尊敬できる社員の方がいらっしゃったんです。仕事ができる人で、なおかつ楽しそうに働いていて、18歳だった私が初めて出会ったあこがれのキャリアウーマン。ずっとその人のようになりたいという思いを捨てきれず、新卒での採用試験に落ちてもあきらめきれなかったわけです(笑)。

実際働いてみたら、仕事を楽しんでいる人は、私が憧れていたその人だけではないということがわかりました。みんななにかしら「もっとこうしたい」という前向きな意欲を持っていると感じます。そういう姿勢は本当に素敵だと思います。

それと、同世代が多く活躍していますよね。趣味など共感できることがたくさんあるので、相談しやすい雰囲気があります。仕事の後や休日にも一緒に遊んだり、ご飯を食べに行ったりするのも楽しいです。

休日はどんなふうに過ごしていますか?

外出すると決めたら、朝から夜まで予定をしっかり立てて遊びます。近くのアミューズメントパークに行ったり、いきなり韓国旅行をすることも(笑)。韓国は好きなのでよく行くんです。つい仕事目線でファッションなどをみてしまいますが、好きなので楽しんでやっています。

アクティブに遊ぶことも好きですが、月2、3回は時間を考えずに家でゆっくりしようと決めて、リラックスするようにしています。意識的にメリハリをつけていますね。

これから応募しようとしているみなさんに一言。

お店にいらしてくださるお客様は、私たちスタッフがおすすめしている服を気に入ってくださっているということなので、好きなものが共通しているんです。だから好きなものが同じで思わずおしゃべりが盛り上がることもあり、あっという間に時間が過ぎます。働いていて楽しいことの方がたくさんあります。

私は夢や憧れを原動力にアパレルの世界に飛び込みましたが、社員になると楽しいことだけじゃなく、それなりに責任がありますし、不安なこともたくさんあります。でも、お洋服が好きで人が好きという方ならやりがいを感じられるお仕事だと思います。

Pick up!