interview vol.08

ローリーズファーム MDアシスタント木野 遥

専門知識がなくても、やりたいと手を挙げればチャレンジさせてもらえる、そういったところがアダストリアの魅力だと思います。

キャリア

2012年4月 新卒入社。ローリーズファーム スタッフとして広島県の店舗に配属。
2014年3月 店長として広島県の店舗に異動。
2015年9月 埼玉県の店舗に異動。
2016年3月 神奈川県の店舗に異動。
2017年3月 MDアシスタントとして本部に異動。

現在、担当されているお仕事内容について教えてください。

ローリーズファームのMDを担当しています。クオリティ&リラックスをテーマに掲げるブランドなので、普通の生活感覚を持った女性を対象に、テーマに沿ったベーシックアイテムとシーズントレンドアイテムを企画しています。

ハイブランドのコレクションや展示会などを通じて情報収集をし、アイテムの企画をした後、デザイナーや取引先などとやりとりしながらサンプルを作成してもらいます。そのサンプルについて、店舗からの要望を参考にして修正すべきところを修正してもらい、よりお客さまに喜んでいただける物として完成させていきます。トレンドを意識しつつ、ローリーズファームらしい物作りをすることが求められる仕事です。

ある1日の流れ

10:00
出勤、朝礼。売り上げデータの分析、メールチェック
10:30
商談(サンプル作成や修正の依頼)
12:00
休憩
13:00
引き続き商談。商談の合間は、商品企画のネタ探し
17:00
この日の商談のまとめ。翌日の商談に必要な物の準備や段取りの確認。
19:00
退社

お仕事で大切にされていることはなんですか。

まず、ポジティブでいること。うれしいこともつまづいたこともすべて吸収し自分の力に変えることで、早く成長したいと考えています。
次に、お客さま目線を忘れないこと。売上の最大化のために不可欠なのはなによりも顧客満足なので、店舗にいるときから土台にしている感覚です。
そして、意見は必ず伝えること。仕事相手と本音で向き合うことで、信頼関係をつくっていきたいからです。
最後に、新しいものを探す習慣を身につけること。特にMDになってから心がけていることです。商品企画にはトレンドに対する感度が問われるので、まず自分がおしゃれになれるよう意識しています。

お仕事の面白さややりがいはなんですか?

一歩先の流行を読み、それをもとに物を作るという仕事は、店舗で販売を担当していると経験できないことなのでワクワクします。
また、自分が企画したアイテムが商品として形になり、さらにそれが世の中に出て、「かわいい」「使いやすい」「買ってよかった」などの声をいただいたり、成果が数字に表れたりしたときにやりがいを感じます。

木野さんが感じるアダストリアの魅力を教えてください。

意欲を認めてもらえることです。

入社してからしばらくは、本社で働きたいとか、MDになりたいと思ったことはありませんでした。学生時代からファッションは好きでしたが、服飾を専門的に勉強したわけではありませんでしたし、店舗での接客にやりがいを感じていたからです。でも店長になって売上という成果をより強く意識するようになると、「売上を伸ばすには販売だけでは限界があり、商品づくりが重要なのではないか」と考えるようになりました。そこからMDとして商品づくりに関わりたいという思いが芽生えたのです。

私のように専門知識がなくても、やりたいと手を挙げればチャレンジさせてもらえる、そういったところがアダストリアの魅力だと思います。

仕事において日々チャレンジしていることはなんですか?

一人前のMDになるためには、市場調査の結果や売上動向といった数値データを読み解き、分析力を身につけることが必要ですが、今はまだMDになったばかりで学ぶための精神的・時間的余裕もなく、他の方に頼っている状態です。ですから、まずは勉強時間を確保できるようスケジュール管理をすることが課題です。現状、月〜金の勤務日は商談をこなすだけで精一杯ですが、たとえば毎週金曜は必ず市場リサーチに出向くなどの時間を作れるようにしたいと思っています。

休日はどのように過ごされていますか?

リフレッシュのために自然と触れ合うようにしています。普段の休日は郊外にドライブすることが多く、長期休暇は宮古島や北海道に旅行するのが好きです。あとは体を動かして汗を流すこと。最近はホットヨガにハマっています。また、学生時代に体育会系のテニス部に所属していたので、今も時々テニスを楽しんでいます。

これから応募しようとしているみなさんに一言お願いします。

いい意味で縛りがなく、意欲やがんばりをきちんと認めてくれる会社です。少しでもアパレルに興味があり、日々楽しく働きたいという方はぜひ一緒に働きましょう。

Pick up!