健康経営宣言


2022年4月、アダストリアグループは、「健康経営宣言」を制定いたしました。当社は創業以来、企業理念に「なくてはならぬ人となれ なくてはならぬ企業であれ」を掲げています。
健康経営を推進することで、従業員が安心して働きやすい環境の整備を更に進めるとともに、従業員のみならず、従業員の家族、お客さま、株主さま、お取引先など、事業を通じて、社会全体のウェルビーイングに寄与することを目指してまいります。

■健康経営スローガン

Play fashion!  Play wellness!
~ファッションと人生を楽しんで、もっと健康に、もっと自分らしく~


アダストリアグループが創業から一貫して目指しているのは、
お客さまに“ワクワク”を提供することです。

ミッションである「Play fashion!」は、
ファッションによって、人々の心を豊かにし、幸せにするという、
私たちの変わらぬ使命を表しています。

ファッションを楽しむためには、健康であること、そして自分らしい豊かな時間を、
家族や大切な人と共に長く過ごせることが必要だと、私たちは考えます。

私たちは、会社、健康保険組合、従業員が一体となり
あらゆるステークホルダーとともに健康経営を推し進めることで、
一人ひとりが 健康で、自分らしく、“いきいき”と輝きながら働ける環境をつくり、
世界中の人々の豊かな生き方に貢献する企業グループを目指してまいります。

制定日 2022年4月1日
株式会社アダストリア 代表取締役社長 木村治




■方針


  • 健康増進、疾病予防、福利厚生の拡充を図り、「いきいき」と永く働くことができる安心安全な環境を整えます。
  • 女性や若い世代の比率が高く、全国に在住する多様な雇用形態の従業員ニーズに合わせ、一人ひとりのライフステージに寄り添います。
  • 「こころ」と「からだ」をみずから健康に導くリテラシーの習得を通じ、楽しみながら健康維持・増進に取り組める健康重視の企業風土を醸成します。

■健康経営推進体制

「健康づくり責任者」を社長とし、専任部署である「健康経営推進室」を設置。会社が行う「健康経営」とアダストリア健康保険組合が行う「データヘルス計画」を協働し、コラボヘルスにより従業員の健康づくりを実現して参ります。
さらに、グループ従業員が参加する「Adastria Wellness Committee(アダストリア ウェルネス コミッティ)(※)」を設置し、従業員自ら健康増進活動に取り組む環境を醸成します。



(※)Adastria Wellness Committeeについて
「Wellness(ウェルネス)」に高い関心がある従業員を募り、健康経営施策立案のための従業員の声を集約し、決定した施策を社内に波及させる役割を担います。


■コラボヘルスについて

アダストリア健康保険組合との協働により、毎年、健康診断予約からスタート。健診結果、ストレス チェック、労務データ、等をシステム上で一元化し、保健指導、特定保健指導、健康つくり事業等を実施し、効果検証を行い、レセプトとの突合分析を行います。 



■重点項目

  • 健康診断受診率100%・50人未満の事業所へのストレスチェックの実施
  • 産業医・保健師・衛生委員会との連携体制の構築
  • 保健指導・特定保健指導の実施
  • 私傷病に関する復職支援・メンタル不調者への対応
  • 管理職・従業員への教育・啓蒙活動(働き方・コミュニケーション促進・喫煙・受動喫煙対策等)
  • 健康つくり事業(運動機会増進・疾病予防・食生活改善等)

■検証方法

各種データを分析の上、下記の指標を設定し、検証致します。

  • 「健康指標」の設定・検証(例 健康診断受診率、健康リスク保有率・改善率、生活習慣改善着手率、ストレスチェック評価 労働時間、定着率、従業員満足度 等)
  • 健康経営優良法人の認定