yellow object
purple object
green object
blue object
pink object
orange object

だったらこうしない?からつくる新しい景色

様々なワクワクをつくるクリエイティブ集団 アダストリア・ライフスタイル・クリエイション

purple object
yellow object
green object
pink object
イラスト

新しいビジネスやプロダクトを成功させるには、フレームワークや技法論もいいけれど、まずアイデアが面白くないとはじまらない。アダストリアはそう考えます。

だから私たちは、とにかく会話することを大切にします。そして、ものづくりから自社でやってきたからこそのノウハウや多様な仲間、幅広い世代についての勘ドコロを活かして、「だったらこうしない?」とワクワクする未来の景色を一緒に描きます。

「なんかできない?」

そんなざっくりとした相談、むしろ大歓迎です!

What we can do together一緒にできること

服を作る。それもアダストリアの得意領域ですが、実は多様なノウハウやリソースを持っている私たち。例えば商品プロデュースに空間プロデュースetc…
未来を構想するところから全国の生活者に届けるところまで、一緒にできることがたくさんあります。

Adastria
staff
staff

Producing Flow and Strengthsプロデュースの流れと強み

自由な発想でとにかく会話することを大切にしています。社内外に広がるプロフェッショナルな仲間とともにあの手この手でアイデアを出し切り、力強くカタチにしていきます。

Step1talk

本気の雑談

Read More

「こんなのあったらいいよね」「こうだったら楽しい」をピュアに追求する。それが、“誰も批判しないけれど誰の心も動かさない”退屈なアイデアを避けるシンプルな方法。
だから実現できるかどうかは一旦置いておいて、妄想・脱線・ボツ案の連発を気にせずまず雑談。でも隙あらば特大ホームランを打ってやろうとあらゆる角度からアイデアを出します。ここにちゃんと手間をかけることで、成功確率を最大化します。

Step2
planning

仲間力で
プランニング

Read More

思いっきり構想を広げたら、次は実現可能性も考慮に入れつつ具体的な事業プラン、商品・サービス、施策などに落とし込んでいきます。必要に応じて関係する分野の専門家もアサインしながら、アダストリアが持つ幅広い仲間の英知を結集してプランニング。

私たちの強み

社内のみならず
社外の多様なパートナーも
参画するプランニング体制

製造から販売、法務まで様々なバックグラウンドを持つ社内の人材だけでなく、アダストリアの取引先や外部クリエイターなど、多種多様なパートナーもプランニングに参画するユニークな体制。日本中・世界中の仲間がリソースになります。

Step3
prottyping

スピーディーな
試作・具現化

Read More

前に進むには、試しに作ってしまった方が速い。そんな場面でも、ものづくり慣れしている私たちなら素早くプロトタイピングできます。生産現場とクイックにコミュニケーションしながら、プランを詰めていきます。

Step4
producting

効率的な
生産, 製作

Read More

物理的な商品を作る場合は、私たちの大量生産のノウハウを活かして効率的な生産・製作を行います。また原料調達においても、私たちのネットワークを活かしてサステナブルなものを厳選することも可能です。

Step5
release

PR, 販売, 実施

Read More

全国の店舗やオンラインで商品のPR・販促が可能なほか、売り場以外で開催するイベントやコミュニティ活動などの実施も可能です。アダストリアのネットワークを活かせば、アウトプットの可能性は無限大です。

私たちの強み

1,200以上の実店舗と
WEBストアやSNSから成る
強力な販路・メディア

30以上のブランドが展開する1,200以上の実店舗、そして1,200万人以上の会員を抱える.st(ドットエスティ)WEBストアを、PRや販促活動、セールスのプラットフォームとして活用できます。若年層などアプローチが難しいとされるターゲットにもダイレクトに訴求可能です。

Past Achievementsこれまでの実績

Project: 001Z世代を熟知した空間プロデュースで
学生マンション事業への参入を支援

Read More
Client:
日鉄興和不動産株式会社(リビオセゾン亀有)
Collaboration Brand:
niko and ...
マンション内装
マンション内装
マンション内装

学生マンションを単独のディベロッパーとして手掛けるのは初めてだった日鉄興和不動産。後発組としての差別化が課題だった同社の学生マンション「リビオセゾン亀有」に対し、ラウンジやエントランスなどの共用スペースや居室内のインテリアと空間をniko and ...がプロデュースしました。店舗で使用しているモルタルやブリック、スチールといった象徴的な素材を使用したほか、共同開発したベッドを専有部の全住戸に導入するなど、実際に住む人の住み心地にもこだわりました。ワークショップを通して浮き彫りになった学生のニーズを踏まえつつ、マンションが建つエリアで暮らす人たちのライフスタイルをイメージしながらniko and ...流の編集で形にした結果、「認知効果も抜群」とご好評をいただけるような空間を実現することができました。

Project: 002丁寧な現場リサーチとアダストリアの
ものづくり力でユニフォームを刷新

Read More
Client:
株式会社西武ライオンズ
Collaboration Brand:
GLOBAL WORK
アパレル
アパレル
アパレル
アパレル
アパレル

アダストリアの強みである自社生産ノウハウを生かし、グローバルワークがファッション性・機能性・着心地を追求した西武ライオンズの球場スタッフユニフォームのプロデュースを行いました。単に見た目が良いだけでなく球場のお困りごとを解決するユニフォームとなることを重視した私たちは、実際に働くスタッフの方へのインタビューを重ね、リアルな意見をユニフォームのデザイン企画に落とし込みました。通気口を配したブルゾン、専用ポケット、洗える帽子など、職種ごとの業務特性やニーズに応じた機能を、自社企画素材や加工を駆使して実装。ユーザー目線に立てるよう、開発過程でとにかく対話を大切にしたことで、西武ライオンズの歴史を尊重しながら時代を捉えたユニフォームに仕上がったと自負しています。

Project: 003成熟したロングセラーブランドを
アパレル文脈でリブースト

Read More
Client:
サントリー食品インターナショナル株式会社
Collaboration Brand:
niko and ...
アパレル
アパレル
アパレル
アパレル

1981年に発売を開始した「サントリー烏龍茶」は言わずと知れたロングセラーブランドですが、現代の若者にとってより親しみのあるブランドになるために、新しいアプローチも模索していました。そこでniko and ...チームのデザイン監修のもと、「サントリー烏龍茶」のブランドロゴを配したオリジナルTシャツやトートバッグといったコラボグッズ「烏龍Tコレクション」を製作。一部店舗やECサイト.st(ドットエスティ)でも販売しました。古き良き中国の世界観は現代の若者にむしろ新鮮に映るという狙いのもと、「チャイナかわいい」アパレルアイテムとして好評を得ました。購買層が幅広いロングセラーブランドであっても、アプローチや文脈の作り方次第で若年層とのエンゲージメントを築けるということを証明する、好例ともなりました。

Project: 004niko and ...の顧客基盤を活かし話題醸成
福袋企画で異例の販売数を記録

Read More
Client:
日本マクドナルド株式会社
Collaboration Brand:
niko and ...
アパレル

年始の福袋キャンペーンにより20〜30代の男女にアプローチしたいと考えていた日本マクドナルドに対し、アダストリアはniko and ...チームによるコラボグッズのデザイン監修と、社内外のメディア露出によるターゲットリーチのサポートを行いました。発売前よりYahoo!トレンドランキング、LINEダイジェストに掲載されるなど大きな話題を呼び、発売後はTwitterのトレンド入りも果たしました。niko and ...が強みとする20〜30代に対して公式サイトや公式SNS、店頭で告知を行ったほか、FASHIONSNAP.COMなどアパレル系メディアでも多数の露出があったことで、顧客接点が大きく拡大。発売開始数分で完売する店舗が続出する中、同社の福袋としては史上最大の販売数を記録しました。

Project: 005全国の販売網とファッションの力で
ローカルに新しい輝きを創る

Read More
Client:
株式会社フットボールクラブ水戸ホーリーホック/
株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント
Collaboration Brand:
NUMERALS/GLOBAL WORK
アパレル@IRSE/Akihide Toyosaki
アパレル@IRSE/Akihide Toyosaki
アパレル
アパレル
アパレル

Jリーグの水戸ホーリーホックは、クラブのイメージを大切にしながらファンと一緒に盛り上がる施策を検討していました。そこで私たちは、都市をアクティブに楽しむNUMERALSの世界観を活かし、同クラブのファングッズを開発・生産。多くのファンの方にご購入いただきクラブの収益に貢献しました。また選手の移動着の提案を行うなど、クラブのブランディングも支援しています。
さらにJ1とJ2を合わせた計39クラブのコラボTシャツを販売。全国の販売拠点を活かしつつローカルにスポットライトをあてた好例となりました。
同様に、B.LEAGUEの茨城ロボッツの選手のサードユニフォームやチアリーダーのコスチュームもプロデュース。選手によるデザインを商品化するといったグッズの開発も手がけました。またB.LEAGUE全36クラブのコラボアイテムの企画・販売も行いました。