ニュースリリース

アダストリア×ママの笑顔を増やすプロジェクト『ママのためのおもちゃカフェ』を全国3か所で実施しました

10月14日(水)、20日(火)、21日(水)に当社のカフェ併設店舗にて、ママ向けワークショップ『ママのためのおもちゃカフェ』を開催しました。昨年も「studio CLIP(スタディオクリップ)ゆめタウン広島」にてワークショップを開催し、ご好評をいただいたことから、今年は実施回数を増やしての開催となりました。14日はniko and ... TOKYO(ニコアンドトーキョー)の2階にあるレストラン「navarre(ナヴァー)」、20日は「studio CLIP ゆめタウン光の森」、21日は「studio CLIP ゆめタウン広島」と全国3か所で開催し、子どもと一緒に参加したママたちがおもちゃに触れ、遊びながら、今感じていることや悩み、自分のこれからの夢などを話し合いました。


今回は、20代から30代のママたちがワークショップに参加しました。専業主婦のママやこれから仕事復帰を迎えるママ、フリーランスで働いているママなど様々な立場の方が集まりました。ファシリテーターとして、東京おもちゃ美術館の石井今日子(いしい・きょうこ)さんをお招きし、おもちゃを「子どもとの暮らしを楽しむためのツール」と捉え、子どもを一人で遊ばせておくのではなく、お互いにコミュニケーションをとるための遊び方を学びました。温かみのある木のおもちゃや鮮やかな色のおもちゃが机に並び、見て、触れてみることでママや子どもたちも自然と笑顔になりました。

■ 第1部 ママトーク
初めて会ったママたちの緊張をほぐすため、今日集まったメンバーの「共通点探し」からプログラムがスタートし、自己紹介をしながら、共通点を見つけることで自然と打ち解けていきました。話が盛り上がったところで、育児に関する悩みや今感じていることを共有。悩みを打ち明けるママに、隣にいたママからアドバイスが入るなど、参加者みんなで励まし合う姿が見られました。ママたちが楽しそうに話している様子を見て、子どもたちもリラックスをしてその場を楽しんでいる様子でした。

■ 第2部 おもちゃのレクチャー&ワーク
今回、おもちゃ美術館よりワークショップ用に提供いただいたおもちゃは、積み木などのシンプルなおもちゃがほとんどです。子どもたちが自由に遊び方を考えることのできるシンプルなおもちゃは、子どもたちの創造力を育みます。ママたちも、実際に触れて遊んでみることで、その魅力を感じることができた様子でした。「子どもとの意思疎通ができない時期であっても、遊びを観察することで何が好きなのか、他の子と何が違うのか分かる」という石井さんからの言葉は、日々育児に奮闘するママたちにおもちゃを通じた子どもとのコミュニケーションの大切さを教えてくれました。


参加したママからは、「最初は緊張していましたが、ママ同士共通していることも多く自然と打ち解けて、楽しく会話ができました。」「悩みを共有したり、その解決策を話し合ったりする中で、子どものことや育児について見直す機会になりました。また参加したいです。」といった感想を聞くことができました。

当社は、今後もお客さまや従業員を含め、より多くの方々の笑顔を増やせるように、新たな繋がりを作っていきます。また、店舗がショッピングの場としてだけではなく居心地の良い場となれるよう継続して取り組みを行ってまいります。

■ ママの笑顔を増やすプロジェクト(ママプロ)について
公益財団法人日本財団による社会のみんなでママを支え、ママの笑顔を増やし、“産み・育て・活躍しやすい社会”を次世代に繋げるためのプロジェクトです。子どもの成長に合わせ次のステップへ進むママが集い、変化に伴う悩みを分かち合いながら解決策をともに探す「ママカレッジ」や、時間制約のあるママの様々な“ふく職”(復職・複職・副職)を提案する「ママふく職」の実施、ママを取り巻く社会課題やママのリアルな声を集め、社会に発信し、課題解決の活動を加速させるソーシャルエンジン「ママ総研」や「ママ基金」など様々なアプローチから課題解決を目指しています。
公式サイト : http://mamapro.jp/

■ 東京おもちゃ美術館について
NPO法人日本グッド・トイ委員会が運営する、多世代交流のミュージアムです。様々な世代の方が、おもちゃを媒介にして自然と楽しいコミュニケーションがとれる空間です。おもちゃを手づくりできるイベントの開催やおもちゃ学芸員によるプログラム、おもちゃの展覧会などを実施しています。
公式サイト : http://goodtoy.org/ttm/index.html

一覧に戻る