ニュースリリース

キッズ職業体験プログラムをniko and...TOKYOで開催!コロナ禍の子どもたちに特別な体験を!

S-SAP協定のもと、ファッション業界の仕事について学ぶ機会を提供

8月21日(金)に渋谷区内の小学生(4・5・6年生)を対象とした、キッズ職業体験プログラムをniko and ... の旗艦店「niko and ...TOKYO」で開催しました。コロナウィルスの影響で遠方へのお出かけに制限があった今年の夏休みですが、学校では学べないわくわくをお届けしようとシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー(以下、S-SAP)協定のもと今回の開催が実現しました。当日は5組のご家族に参加いただき、実際の販売員の仕事を体験していただける機会となりました。


2018年から始まったこのイベントは今回で5回目の開催となります。これまではグローバルワーク渋谷店で開催していた当イベントですが、今年は初めて生活雑貨や家具なども取り扱うniko and ... TOKYOにて開催いたしました。感染症対策により密集を避けるため2回に分けての開催となりましたが、募集人数に対して約10倍の方々からご応募いただくなど、コロナ禍でも多くの方にご支持いただきました。
当日はniko and ... TOKYOのスタッフが直接お子さまにレクチャーする形で進行し、終始にぎやかな雰囲気でした。まず最初に、基本である接客8大用語を復唱する挨拶練習からスタート。その後、店内を一緒に回りながら商品の配置など売り場に関する説明を受け、おたたみ練習に進みました。初めての経験にもかかわらず、ほとんどのお子さまたちがスタッフを見本に、きれいに洋服をたたむことができました。


続いて接客体験では、お子さまに販売員役、保護者の方にはお客さま役となっていただき、最初に練習した挨拶をはじめ、コーディネートの提案、試着のご案内、レジ対応までの流れを実際に体験していただきました。保護者の方には事前にテーマを決めていただき、お子さまが様々な質問を投げかけてニーズに合ったコーディネートをご提案。コーディネートのポイントまできちんと説明するなど、お子さまたちのファッションに対する関心の高さが伺えました。最後のレジ対応の際には緊張した様子でしたが、楽しみながらも販売員の仕事を体験していただくことができました。


イベント終了後、参加者の方々からは「とても有意義な時間を過ごせました」、「コロナ禍の中、夏休みのいい思い出になりました」などといった感想をいただくことができました。
当イベントはS-SAP協定締結企業として、渋谷区の次世代人材育成を目的に開催しています。当社はCSRの重点テーマに「人を輝かせる」を掲げ、これまでも社内のダイバーシティ推進や、障がいを持つ方が抱えるおしゃれの悩みを解決するワークショップなど様々な活動に取り組んできました。今後もこのような活動を通じ、子どもたちにファッションの楽しさと仕事について考えるきっかけを提供すると同時に、ファッションを通じた自己表現の機会を提供してまいります。


■S-SAP(シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー)協定について
渋谷区内に拠点を置く企業や大学などと区が協働して地域の社会的課題を解決していくために締結する公民連携制度。この協定に基づき、各企業や大学がそれぞれの持つ技術や特色を活かして、新たな区民サービスを提供しています。当社は2018年にS-SAP協定を締結し、初年度からキッズ職業体験プログラムを毎年実施しています。
※S-SAP公式サイト https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kusei/shisaku/ssap/index.html



※当イベントは終了いたしました。

一覧に戻る