ニュースリリース

株式会社トリニティーの株式の取得に関する株式譲渡契約書締結についてのお知らせ

平成24年10月31日


各 位


会社名 株式会社ポイント
代表者 代表取締役会長兼社長 福田三千男
(コード番号2685 東証第一部)
問合せ先 取締役常務執行役員管理本部長 松田 毅
(TEL:03-3243-6011)


株式会社トリニティーの株式の取得(子会社化)に関する
株式譲渡契約書締結についてのお知らせ

 
 当社は、株式会社トリニティー(本社:東京都渋谷区、代表取締役 佐藤 広美、齊藤 卓也)(以下、「トリニティー」 )の発行済株式の全てを取得し、子会社化することについて、トリニティーの株主と合意し、平成24年10月23日付で株式譲渡契約書を締結しましたので、下記のとおりお知らせいたします。
 なお、平成24年10月25日の経過をもって、本件株式の取得に関連して必要となる私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(昭和二十二年法律第五十四号。その後の改正を含みます。以下「独占禁止法」)第10条第2項に基づく公正取引委員会に対する届出にかかる待機期間が経過しております。
(注)「トリニティー」は、当社が平成25年10月に統合を予定しております株式会社トリニティアーツとは一切関係ございません。


1. 本件株式の取得の背景と目的
 当社を取り巻く事業環境は、少子高齢化やライフスタイルの多様化、外資系企業の日本進出などにより大きく変化しており、お客様のニーズはますます多様化・高度化しております。
 このような状況の中、当社は、国内外における展開を加速するとともに、従来のテイストや価格帯とは異なる新ブランドの展開や、雑貨の取り扱いを拡大するなど、新たなマーケットの開拓を積極的に進めており、その一環として、本件株式の取得を検討してまいりました。
当社は、主にナチュラルテイストのファッションブランドを多数展開しておりますが、今回株式を取得するトリニティーは、主に駅ビル・ファッションビルを中心に店舗を展開する婦人服衣料品等の小売業であり、ファッション性の高い商品展開により、独自のポジションを構築しております。
 当社は、本件株式の取得により、異なる新たなマーケットの開拓が可能になり、また、商品企画や店舗運営ノウハウ、サプライチェーン、情報システム、管理面等のシナジー効果を最大限に発揮することが可能になると判断しております。
 これにより、トリニティーが有する事業基盤及び企業文化を承継することで市場における独自のポジションと成長力を維持しつつ、当社の事業基盤の拡大と高い競争力の確保を実現し、お客様に提供する付加価値を最大化するとともに、より社会に貢献しうる企業グループとして成長を続け、当社株主の皆様のご期待に応えてまいります。

2. 本件株式の取得の日程
平成24年10月23日 : 株式譲渡契約書締結
平成24年11月1日(予定) : 株式取得日

※上記リリースの詳細はPDFファイルでご覧いただけます。
※上記リリースの詳細はPDFファイルでご覧いただけます。
株式会社トリニティーの株式の取得(子会社化)に関する株式譲渡契約書締結についてのお知らせ(PDF)

一覧に戻る