業績・財務

月次売上速報

株式会社アダストリア

2019年
2月期
前年比(%) 店舗数
売上高 客数 客単価 月末 出店 退店
全店 既存店 全店 既存店 全店 既存店
3月 106.5 104.4 110.9 108.5 96.0 96.2 1,230 23 0
4月 91.3 89.4 96.3 94.2 94.8 95.0 1,235 7 2
5月 86.9 85.9 90.0 88.7 96.6 96.9 1,232 0 3
第1四半期 94.5 92.8 98.5 96.4 96.0 96.2 1,232 30 5
6月 106.1 105.5 115.6 114.9 91.8 91.8 1,232 1 1
7月 91.8 91.4 97.0 96.5 94.7 94.7 1,224 1 9
8月 100.0 101.3 99.5 100.5 100.5 100.8 1,292 4 18
第2四半期 98.9 98.8 103.6 103.4 95.5 95.6 1,292 6 28
上期計 96.7 95.8 101.3 100.3 95.5 95.5 1,292 36 33
9月 101.8 103.2 98.6 99.5 103.2 103.7 1,295 11 8
10月
11月
第3四半期 101.8 103.2 98.6 99.5 103.2 103.7 1,295 11 8
12月
1月
2月
第4四半期
下期計 101.8 103.2 98.6 99.5 103.2 103.7 1,295 11 8
通期計 97.4 96.8 100.9 100.2 96.5 96.6 1,295 47 41

*子会社との間でのブランド移管に伴い、次の通り移管の影響を除いて前年比を算出しております。
2018年3月より、バンヤードストーム、バビロンの値を除く。2018年8月より、ページボーイ、ミスティウーマン、ラボラトリーワークの値を含む。

*同様に、店舗数についても、次の通り増減があります。
2018年3月より、バンヤードストーム、バビロン計68店舗を除く。2018年8月より、ページボーイ、ミスティウーマン、ラボラトリーワーク計81店舗を含む。

過年度分の売上速報

販売概況

9月は、 全店売上高前年比は101.8%、既存店前年比は103.2%となり、堅調な秋の立ち上がりとなりました。
前年と比べ休日が2日多かったものの、地震や大型台風に伴う休業・営業時間変更が客数に影響しました。
ブランド別では、グローバルワーク、ニコアンド、レプシィム、ページボーイ等が好調でした。
アイテム別では、ジャケットなどのアウター類、長袖シャツやカーディガンなどの秋物商品が順調に売れ行きを伸ばしました。

出退店


◆出店:11 店舗
グローバルワーク1店舗(ららぽーと名古屋みなとアクルス)
ニコアンド1店舗(ららぽーと名古屋みなとアクルス)
ローリーズファーム1店舗(ららぽーと名古屋みなとアクルス)
ベイフロー1店舗(酒々井プレミアムアウトレット)
レピピアルマリオ1店舗(ららぽーとエキスポシティ)
ラコレ1店舗(ららぽーと海老名)
パティエラ1店舗(日本橋髙島屋S.C.)
カレイドエビーチェ4店舗(渋谷ヒカリエシンクス、タカシマヤゲートタワーモール、二子玉川ライズ、日本橋髙島屋S.C.)
◆退店:8 店舗
グローバルワーク1店舗(浦和パルコ)
ローリーズファーム1店舗(ダイバーシティ東京プラザ)
ローリーズファームプラス1店舗(成田空港第1ターミナル)
レプシィム1店舗(ららぽーと湘南平塚)
ヘザー1店舗(イオンモール熊本)
ポイントディッグ 1店舗(三井アウトレットパーク横浜ベイサイド)
ページボーイ2店舗(三井アウトレットパーク仙台港、三井アウトレットパーク多摩南大沢)

販売概況

8月は、上旬から投入した晩夏商品が堅調に推移し、全店売上高前年比は100.0%、既存店前年比は101.3%となりました。
ブランド別ではニコアンド、ジーナシス、レプシィム、アンデミュウ等が好調でした。
アイテム別では、スカート、パンツ、ワンピース等が売上の中心となりました。

出退店


◆出店:4 店舗
グローバルワーク 1店舗(コレド日本橋)
ヘザー 1店舗(ルミネ町田)
カレイドエビーチェ 2店舗(ルクアイーレ、自社WEB)
◆退店:18 店舗
グローバルワーク 1店舗(イオン釧路)
ニコアンド 1店舗(西武東戸塚店)
ローリーズファーム 2店舗(浦和パルコ、宇都宮パルコ)
ジーナシス 2店舗(浦和パルコ、宇都宮パルコ)
レイジブルー 1店舗(松本パルコ)
シェアリングルーム 1店舗(ダイバーシティ東京プラザ)
ヘザー 1店舗(札幌パルコ)
ミィパーセント 1店舗(ルミネ北千住)
アパートバイローリーズ 1店舗(ルミネ立川)
ブリスポイント 6店舗(イオンモールナゴヤドーム前、マークイズ静岡、阪急西宮ガーデンズ、コレド日本橋、イオンレイクタウン、イオンモール名古屋茶屋)
ページボーイ 1店舗(静岡パルコ)

販売概況

7月は、全店売上高前年比91.8%、既存店前年比91.4%となりました。
前年に比べ休日が1日少なく、猛暑や豪雨など全国各地での天候不順の影響もあって、客数が伸び悩みました。
ブランド別ではニコアンド、アパートバイローリーズ、アンデミュウ等が好調でした。
アイテム別では、速乾・接触冷感等の機能性素材を使用したインナー類、帽子、バッグなど、夏物季節商材が売上の中心となっています。

出退店


◆出店:1 店舗
ラコレ1店舗(イオンモール熊本)
◆退店:9 店舗
スタディオクリップ2店舗(ららぽーと海老名、アミュプラザ小倉)
ローリーズファーム1店舗(松本パルコ)
ミコアローリーズファーム1店舗(エチカフィット東京)
レプシィム2店舗(シャミネ松江、グランデュオ蒲田)
ジーナシス1店舗(ウィング上大岡)
ヘザー1店舗(高崎モントレー)
ブリスポイント1店舗(ららぽーと湘南平塚)

販売概況

6月は休日が前年に比べて1日多かったことに加え、中旬より先行して夏物セールを実施したことにより、客数増に繋がりました。
全店売上高前年比は106.1%、既存店前年比は105.5%となり、ブランド別ではニコアンド、スタディオクリップ、グローバルワーク、レプシィム等が好調でした。
アイテム別では、メンズ・ウィメンズともに半袖トップス・パンツ類が売上の中心となったほか、サンダル、
カゴバッグなどの夏物雑貨が売れ行きを伸ばしました。

出退店


◆出店:1 店舗
ニコアンド1店舗(ペリエ千葉)
◆退店:1 店舗
ローリーズファーム1店舗(栄オアシス21)

販売概況

5月は休日が前年に比べて1日少なかったことに加え、4月中旬に投入した夏物商品の売れ行きが伸びず、全店売上高前年比は86.9%、既存店前年比は85.9%となりました。
ブランド別ではニコアンド、アンデミュウが好調に推移しています。
アイテム別では、Tシャツ、タンクトップ、ワンピース、サンダル類などが人気です。

出退店


◆出店:なし
◆退店:3 店舗
スタディオクリップ1店舗(マークイズみなとみらい)
ローリーズファーム1店舗(札幌ピヴォ)
レプシィム1店舗(マークイズみなとみらい)

販売概況

4月は、中旬に夏物商品に切り替えたものの、売れ始めの勢いが弱く、全店売上高前年比は91.3%、既存店前年比は89.4%となりました。
ブランド別ではニコアンド、アンデミュウ、アパートバイローリーズが好調です。
アイテム別では、パンツ類、Tシャツなどが売上の中心となった他、キッズ商品、ロゴバッグ、サンダルなども人気です。

出退店


◆出店:7 店舗
グローバルワーク1店舗(ジョイナステラス二俣川)
ニコアンド1店舗(梅田ヘップファイブ)
レプシィム1店舗(テラスモール湘南)
レイジブルー1店舗(テラスモール湘南)
ベイフロー2店舗(ソラリアプラザ、ラゾーナ川崎プラザ)
ラコレ1店舗(イオンレイクタウン)
◆退店:2 店舗
スタディオクリップ1店舗(大阪グランフロント)
ブリスポイント1店舗(大阪グランフロント)

販売概況

3月は、全国的に気温が上昇し、春物を中心に売上を伸ばしました。休日が前年に比べて1日多かったこともあって、全店売上高前年比は106.5%、既存店前年比は104.4%となりました。
ブランド別ではニコアンド、スタディオクリップ、ジーナシス、レプシィムなどが好調です。
アイテム別では、薄手のアウター類、ブラウスなどが売上の中心となり、バッグやスニーカーなどのグッズも人気です。

出退店


◆出店:23 店舗
グローバルワーク4店舗(グランエミオ所沢、SHIBUYA、アトレ大井町、イオンモール京都桂川)
ニコアンド2店舗(イオンモール宮崎、イオンモール札幌発寒)
スタディオクリップ1店舗(mozoワンダーシティ)
ローリーズファーム2店舗(mozoワンダーシティ、イオンモール札幌発寒)
レプシィム1店舗(イオンモール宮崎)
ジーナシス1店舗(ルミネ町田)
レイジブルー2店舗(ゆめタウン佐賀、アミュプラザ鹿児島)
ベイフロー4店舗(イオンモール宮崎、ゆめタウン徳島、吉祥寺、イオンモール札幌発寒)
レピピアルマリオ2店舗(FKDインターパーク、mozoワンダーシティ)
アンデミュウ1店舗(ルミネ有楽町)
パティエラ1店舗(ZOZOTOWN)
ビジュリィ2店舗(自社WEB、ZOZOTOWN)
◆退店:なし