業績・財務

月次売上速報

株式会社アダストリア

2020年
2月期
前年比(%) 店舗数
売上高 客数 客単価 月末 出店 退店
全店 既存店 全店 既存店 全店 既存店
3月 105.9 108.2 102.4 104.1 103.5 104.0 1,265 4 1
4月 107.8 110.0 104.4 105.9 103.3 103.9 1,273 9 1
5月 108.9 110.7 107.7 109.3 101.1 101.3 1,272 0 1
第1四半期 107.5 109.6 104.8 106.4 102.6 103.0 1,272 13 3
6月 94.0 95.3 87.5 88.4 107.4 107.8 1,277 6 1
7月 98.9 100.4 94.3 95.5 104.8 105.1 1,270 0 7
8月 104.9 105.5 104.9 105.4 100.0 100.1 1,265 0 5
第2四半期 98.6 99.8 94.6 95.5 104.2 104.5 1,265 6 13
上期計 103.0 104.6 99.1 100.3 104.0 104.3 1,265 19 16
9月
10月
11月
第3四半期
12月
1月
2月
第4四半期
下期計
通期計 103.0 104.6 99.1 100.3 104.0 104.3 1,265 19 16

*上記数値は原則として毎月初第2営業日に発表する速報値です。速報数値と確定数値に差異が生じる場合は、翌月の速報発表時に修正してお知らせいたします。
*(株)アダストリア単体(WEBストアを含む)の数値です。国内子会社および海外子会社は含んでおりません。
*2018年8月より、ページボーイ、ミスティウーマン、ラボラトリーワークの3ブランドを、旧(株)アリシアから(株)アダストリアへ移管しており、前年の売上に同3ブランドを含めて前年比を計算しています。

過年度分の売上速報

販売概況

8月は夏らしい気温となり、夏物商品の売れ行きが加速した結果、 全店売上高前年比は104.9%、既存店前年比は105.5%となりました。
ブランド別では、グローバルワーク、ローリーズファーム、スタディオクリップ、ページボーイ等が好調でした。
アイテム別では、ワンピース、Tシャツ類、パンツ類、バッグ等が売上の中心となりました。
なお、自社WEBストア「.st(ドットエスティ)」が、サイトメンテナンスに伴い8月8日より営業を休止しており、8月の既存店から除外した場合の既存店前年比は112.9%です。

出退店


◆出店:なし
<店舗>
なし

<WEBストア>
なし


◆退店:5 店舗
<店舗>
レイジブルー 1店舗(ゆめタウン高松)
ヘザー 3店舗(イオンモール羽生、イオンモール広島府中、イオンモール大日)
レピピアルマリオ 1店舗(イオンモール大日)

<WEBストア>
なし


販売概況

7月は前年に比べ休日が1日少なく、また記録的な日照不足や気温の低い日が続いたことから、月前半は夏物商品の販売が弱含みましたが、
下旬の気温の上昇とともに夏物・晩夏物商品の売れ行きが伸長しました。
全店売上高前年比は98.9%、既存店前年比は100.4%となり、前月に続き、値引き販売抑制の取組みにより、客単価が改善しております。
ブランド別では、ローリーズファーム、ハレ、ページボーイ等が好調で、アイテム別では、ワンピース、スカート、Tシャツ類、サンダル等が売上の中心となりました。

出退店


◆出店:なし
<店舗>
なし

<WEBストア>
なし


◆退店:7 店舗
<店舗>
グローバルワーク 2店舗(仙台パルコ2、メルサ栄本店)
ニコアンド 1店舗(札幌パルコ)
ローリーズファームプラス 1店舗(札幌地下街ポールタウン)
ローリーズファーム 1店舗(池袋パルコ)
ヘザー 1店舗(セレオ国分寺)
ミスティウーマン 1店舗(札幌ステラプレイス)

<WEBストア>
なし


販売概況

6月は、前期に在庫消化のための値引き販売を先行して行った反動に加え、一部商業施設のセール日程が後ろ倒しとなった影響もあって客数が減少し、全店売上高前年比は94.0%、既存店前年比は95.3%となりました。
一方、当期は値引き販売の抑制をしたことにより、客単価は大きく改善しております。
ブランド別ではローリーズファーム、ジーナシス、ページボーイ、ニコアンド等が堅調に推移しました。
アイテム別ではワンピース、スカート、Tシャツ類、サンダル等が売上の中心となりました。

出退店


◆出店:6 店舗
<店舗>
グローバルワーク 1店舗(サンエー浦添西海岸パルコシティ)
ニコアンド3店舗(京都寺町、イオンモール旭川西、サンエー浦添西海岸パルコシティ)
スタディオクリップ 1店舗(サンエー浦添西海岸パルコシティ)
ベイフロー 1店舗(サンエー浦添西海岸パルコシティ)

<WEBストア>
なし


◆退店:1 店舗
<店舗>
カレイドエビーチェ 1店舗(タカシマヤゲートタワーモール)

<WEBストア>
なし


販売概況

5月は休日が前年に比べて2日多かったことに加え、気温の上昇にともなって夏物商品が順調に売上を伸ばし、全店売上高前年比は108.9%、既存店前年比は110.7%となりました。
ブランド別ではグローバルワーク、ローリーズファーム、ニコアンド、スタディオクリップ等が好調でした。
アイテム別ではワンピースや、スカート・パンツ等のボトムス類が売上の中心となり、サンダル等の季節商材も人気です。

出退店


◆出店:なし
<店舗>
なし

<WEBストア>
なし


◆退店:1 店舗
<店舗>
ページボーイ 1店舗(三井アウトレットパーク入間)

<WEBストア>
なし


販売概況

4月は寒暖の差が大きかったものの、月全体を通じて初夏物衣料が順調に売上を伸ばしました。
全店売上高前年比は107.8%、既存店前年比は110.0%となり、ブランド別では、グローバルワーク、ニコアンド、ローリーズファーム、ジーナシス等が好調です。
アイテム別では、ワンピース、スカート等が売上を牽引した他、パンツ、Tシャツ類も好調に推移しています。

出退店


◆出店:9 店舗
<店舗>
ニコアンド 1店舗(本八幡コルトンプラザ)
ベイフロー 3店舗(ららぽーと横浜、イオンモール高岡、イオンモール名取)

<WEBストア>
グローバルワーク 1店舗(SHOPLIST)
ニコアンド 1店舗(SHOPLIST)
スタディオクリップ 1店舗(SHOPLIST)
レプシィム 1店舗(SHOPLIST)
ベイフロー 1店舗(SHOPLIST)


◆退店:1 店舗
<店舗>
アンデミュウ 1店舗(ペリエ千葉)

<WEBストア>
なし


販売概況

3月は春物商品が前月から継続して順調に売上を伸ばしたことに加え、休日が前年に比べて1日多く、全店売上高前年比は105.9%、既存店は108.2%となりました。
ブランド別では、グローバルワーク、ローリーズファーム、スタディオクリップ、レプシィム等が好調に推移しました。
アイテム別では、ブランド横断の販促キャンペーンを展開したトレンチコートをはじめとする軽アウターや、ワンピース、スカートなどが売上の中心となりました。

出退店


◆出店:4 店舗
<店舗>
スタディオクリップ 1店舗(モラージュ柏)
ベイフロー 1店舗(イオンモール水戸内原)
レピピアルマリオ 1店舗(イオンモール名取)
ビジュリィ 1店舗(有楽町マルイ)

<WEBストア>
なし


◆退店:1 店舗
<店舗>
スタディオクリップ 1店舗(ノノワ東小金井)

<WEBストア>
なし