コーポレートガバナンス

コンプライアンス

基本的な考え方

アダストリアグループでは、「なくてはならぬ人となれ なくてはならぬ企業であれ」の企業理念のもと、社会的責任を果たすべく、公正、公平かつ透明性のある事業を展開してまいります。また、社会一員として、全従業員が常に自分を律し、高い倫理観を持って行動してまいります。

推進体制

  1. (1) コンプライアンス委員会は、法令、定款、各種社内ルール及び当社グループ各社の企業倫理の遵守に関する重要方針を審議、立案及び推進する。
  2. (2) 当社グループの取締役および従業員の職務の執行が、法令および定款に適合し、かつ社会的責任を果たすため、「グループ倫理規準」を定め、その浸透・啓蒙に務める。
  3. (3) 当社グループの取締役は、「業務執行が法令に違反していない旨、及び善管注意義務並びに忠実義務を果たす旨の「確認書」を提出するとともに業務執行の指針とする。
  4. (4) 内部通報制度を通じて、法令違反その他コンプライアンスに関する問題の早期発見、是正を図る。

グループ倫理規準

1. お客さま重視

お客さまの声を大切にし、お客さまに満足していただける良質な商品・サービスの提供に努めなければなりません。また、お客さまの立場で物事を考え、誠実な対応に努めなければなりません。

2. 法令・社内規則及び社会のルールの順守

  1. (1) 法令に触れるような行為は行わず、社会的良識をもって行動しなければなりません。また、会社の就業規則・ルールを正しく理解・順守して業務を遂行しなければなりません。
  2. (2) 業務上の記録と報告は事実に基づいて正確かつ正直に行わなければなりません。虚偽・架空の申告を行ってはなりません。
  3. (3) 個人情報(個人の住所等の情報)を他に漏らしたり、会社の業務以外に使用してはなりません。個人情報は適正に取扱い、安全に管理しなければなりません。
  4. (4) 業務上知り得た会社の営業情報等、社外秘の情報は他に漏らしてはなりません。また、内部情報を利用し、自己または第三者のために行う不公正な証券取引であるインサイダー取引を行ってはなりません。
  5. (5) 第三者の商標などの知的財産権・肖像権などを侵害してはいけません。また著作権で保護されているソフトウェアなどを不正使用してはなりません。
  6. (6) 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力や団体とは一切の係わりを断ち、毅然とした態度で対応しなければなりません。

3. 人権の尊重と良好な社内環境

  1. (1) 全従業員が安全で健康的に働ける良好な職場環境づくりに努め、職場環境に不適切で悪影響を及ぼす行為を行ってはなりません。
  2. (2) 一人ひとりの人権・個性を尊重し、人種・性別・学歴・年齢・身体的特徴・性的指向・性自認等に基づく不当な差別行為を行ってはなりません。
  3. (3) 相手に不快感・不利益を生じさせ、また職場内の雰囲気に悪影響を及ぼすようなセクハラ・パワハラ行為を行ってはなりません。

4. 公正、公平かつ透明性のあるビジネス活動

  1. (1) 取引先・協力会社などの関係先とは対等・公正で透明な取引を行い、社会通念上適正な範囲を超える贈答・接待や便益を受けたり、与えたりしてはなりません。
  2. (2) 会社の物品等資産の私的な利用や、業務上で個人的な利益を図る行為は行ってはなりません。

グループ調達方針

アダストリアグループはマルチブランド戦略をグローバルに展開するにあたって、取引先の皆さまとの良好なパートナーシップのもと、変化と挑戦を続けていくことが重要であると考えています。
お客さまの満足する良質な商品・サービスを提供し、なくてはならない企業となるために、社会的責任を果たしながら、公正かつ倫理的な取引を基にした調達活動を行います。

1. 法令及び社会のルールの遵守

  • 購買取引に関連する、各国の関連法令やルールを遵守し、社会的良識をもって行動をします。
  • 業務上知り得た取引先の情報は、機密として保持します。また、第三者の知的財産権や肖像権などを侵害しません。
  • 取引先に対し優越的な立場を利用して、社会通念上妥当な範囲を超える、贈答・接待や便益などの不当な利益の要求や授受を行いません。

2. 企業価値を高める、倫理的で責任ある調達

  • 購買取引において法令遵守、人権、安全な労働環境や環境保全が配慮されていることを確認し、社会的責任を果たします。

3. 取引先との良好なパートナーシップの構築

  • 全ての取引先を尊重し、対等なパートナーシップを原則とした、長期的に発展し合える関係性を築きます。
  • 取引先の選定にあたり、価格、供給能力、品質、納期、技術力、環境保全、人権・労働環境に関する問題への対応などを総合的に考慮し、公平・公正に取引先を決定します。

4. 刺激し合いながら成果を生み出すために

  • CSR調達を推進するため、取引先の協力を得ながらモニタリングを行い、相互の取組みが継続的に改善されるよう協働します。

アダストリアグループは、「グループ調達方針」に基づき、社会面、環境面に配慮した責任ある調達活動を推進しております。その活動の一環として、アダストリアグループ製品の生産に関わるすべてのお取引先のみなさまに対し、遵守して頂きたい基準である「グループ調達ガイドライン」を定めております。

グループ調達ガイドライン [136KB]