月次売上速報

株式会社アダストリア

2022年
2月期
前年比(%) 店舗数
売上高 客数 客単価 月末 出店 退店
全店 既存店 全店 既存店 全店 既存店
3月 119.5 117.8 114.2 112.0 104.6 105.2 1,240 12 0
4月 254.2 245.5 215.9 207.2 117.8 118.5 1,250 10 0
5月 132.8 128.5 114.0 109.4 116.5 117.5 1,254 6 2
第1四半期 149.2 145.7 134.8 130.6 110.7 111.6 1,254 28 2
6月                  
7月                  
8月                  
第2四半期                  
上期計 149.2 145.7 134.8 130.6 110.7 111.6 1,254 28 2
9月                  
10月                  
11月                  
第3四半期                  
12月                  
1月                  
2月                  
第4四半期                  
下期計                  
通期計 149.2 145.7 134.8 130.6 110.7 111.6 1,254 28 2

5月度

プレスリリース

販売概況

5月は、全店売上高前年比132.8%、既存店前年比128.5%となりました。
5月11日までの4都府県を対象とした緊急事態宣言の延長、その後の再延長と6道県の追加により、対象地域商業施設の休業や時短営業の影響で、売上高は大幅に減少しました。
ブランド別では、グローバルワーク、ニコアンド、ローリーズファーム、レプシィムが比較的堅調でした。
夏向きのシルエットがきれいなパンツや、着心地の良い素材の半袖トップスが売上の中心となり、雑貨ではアウトドアシーンにも使いやすいサンダルや、レイングッズ等が人気です。
2019年5月対比では、全店売上高72.9%でした。

なお、緊急事態宣言の影響による店舗の営業状況は以下の通りです。
・5月11日時点で268店舗が休業
・5月31日時点で89店舗が休業、150店舗が土日のみ休業

(※ご参考) 2020年5月の営業状況
・緊急事態宣言を受け、5月7日まで国内実店舗が全て休業
・宣言の解除に合わせ、実店舗の営業を段階的に再開。5月17日時点で国内単体実店舗の約3割、5月末日時点で約8割となる1,008店舗が営業再開

出退店

出店:6 詳細
<店舗>
スタディオクリップ 2店舗(ゆめタウン三豊、ミッテン府中)
ベイフロー 1店舗(イオンモール川口)
ラコレ 1店舗(ミッテン府中)
ドットエスティ 2店舗(ららぽーとTOKYO-BAY、ミッテン府中)

<WEBストア>
なし
退店:2 詳細
<店舗>
スタディオクリップ 1店舗(イオン御経塚)

<WEBストア>
ヴェルヴェットバイスタンバーグ 1店舗(Tmall Global)

4月度

プレスリリース

販売概況

4月は、全店売上高前年比 254.2%、既存店前年比245.5%となりました。
上旬は、気温の上昇などを受け春夏商品が順調に推移したものの、中旬から新型コロナウイルスの感染拡大に伴い徐々に実店舗の客数が減少し、
4月25日からの4都府県を対象とした緊急事態宣言により、一部商業施設が時短営業や休業をした影響で、対象地域の売上が大幅に減少しました。
ブランド別では、グローバルワーク、ニコアンド、ローリーズファーム、スタディオクリップ等が好調でした。
商品別では、暑い時期も快適なパンツや春らしいブラウスが売上の中心となり、雑貨ではサンダルやトートバッグ等が人気です。

なお、緊急事態宣言の影響による店舗の営業状況は以下の通りです。
・4月25日時点で293店舗が休業
・一部の店舗で時短営業が継続

(※ご参考)2020年4月の営業状況
・政府による7都府県への緊急事態宣言を受け、4月8日より国内実店舗の約半数が休業
・4月16日発表の緊急事態宣言の全国拡大以降、4月最終週までに国内実店舗が全て休業

出退店

出店:10 詳細
<店舗>
ニコアンド 1店舗(アミュプラザくまもと)
ローリーズファーム 1店舗(アミュプラザくまもと)
ジーナシス 1店舗(アミュプラザくまもと)
ベイフロー 1店舗(アミュプラザくまもと)
レイジブルー 1店舗(アミュプラザくまもと)
ハレ 1店舗(アミュプラザくまもと)
ヘザー 1店舗(アミュプラザくまもと)
ページボーイ 1店舗(アミュプラザくまもと)
ラコレ 2店舗(サンリブシティ小倉、イオンモール岡崎)

<WEBストア>
なし
退店:なし

3月度

プレスリリース

販売概況

3月は、全店売上高前年比119.5%、既存店前年比117.8%となりました。
休日が前年に比べ2日少なかったものの、政府からの緊急事態宣言の解除に伴って客数が回復し、春物商品が前月から継続して順調に売上を伸ばしました。
ブランド別では、グローバルワーク、ニコアンド、スタディオクリップ、レプシィム等が好調でした。
入園・入学式等に対応したオケージョンアイテムやパンツ類が売上の中心となり、雑貨ではパンプスや新生活用のソファー等の商品が人気です。

出退店

株式会社アダストリア

出店:12 詳細
<店舗>
ローリーズファーム 2店舗(FKDインターパーク、玉川高島屋S・C)
ジーナシス 1店舗(ルミネ有楽町)
ラコレ 4店舗(イオンモール新利府、モラージュ菖蒲、アピア、長野ミドリ)
エルーラ 2店舗(あべのキューズモール、テラスモール湘南)

<WEBストア>
ヴェルヴェットバイスタンバーグ 3店舗(Tmall Global、mirabella、自社WEB)
退店:なし